GB-029/8(木) 12:00-13:00

ほくほくFGにおけるITインフラ改革〜革新的な統合仮想インフラ構築に向け〜

概要

従来型のITインフラでは、システムの拡張や老朽化による更改に柔軟に対応できず、経営層からのコスト削減の要求に対して課題を抱えていました。

Nutanixのハイパーコンバージドシステムでは、必要な時に必要な分だけスピーディーに追加できるという利点を活かし、システムの拡張や老朽化による更改へのコストを抑制・平準化することが期待できます。また、近年では勘定系の共同化にとどまらず、情報系などの部門システムの共同化やシステムセンターの最適化も進めており、激化する銀行業の競争に備えたほくほくフィナンシャルグループでのシナジー効果を更に追求していくことを求められていました。Nutanixの採用により、経営の効率化および営業力の強化、経営基盤の強靭化を目的とした中長期でのIT戦略を着実に推進していける体制へと変革することができます。

当セッションでは、技術的なメリットに加え、経営的なメリットについてもご紹介します。

【講師1】
北陸銀行
執行役員
多賀満

【講師2】
北陸銀行
総合事務部
IT企画グループ長
富永英司

【講師3】
北海道銀行
システム統括部長
中川英樹

【講師4】
北海道銀行
システム統括部
シニアマネージャー
近藤道雄

【講師5】
北銀ソフトウエア
開発第一部
担当部長
堀洋人

講演者情報

上記参照
 
 

閉じる